• サイトマップ
  • 関連団体リンク集

文字の大きさ

HOME > パンフレット ダウンロード > 広報資料

広報資料

今お使いのガス器具、何年目?

今お使いのガス器具、何年目?

長期間使用しているガス器具は、部品などの劣化により事故発生のおそれがあります。10年たったら、メーカー又はガス器具販売店へ点検を依頼してください。

ダウンロード(PDF/497KB)pdf

印刷データはこちら(PDF/1.19MB)pdf

ガスコンロの使用中、ヒヤリとしたことはありませんか?

ガスコンロの使用中、ヒヤリとしたことはありませんか?

ガスコンロを原因とした火災は、安全装置の付いたガス器具の普及などにより減少傾向にありますが、住宅火災の出火原因としては依然としてもっとも多くなっています。

ダウンロード(PDF/1.05MB)pdf

印刷データはこちら(PDF/1.05MB)pdf

今お使いのガス器具 安心替え

今お使いのガス器具 安心替え

長期間使用しているガス器具は、部品などの劣化により事故発生のおそれがあります!安全機能の充実した最新器具への「安心替え」をおすすめします。

ダウンロード(PDF/2.48MB)pdf

印刷データはこちら(PDF/1.75MB)pdf

ガス給湯器点検・買い換えの目安は10年です。

ガス給湯器点検・買い換えの目安は10年です。

長期間使用しているガス製品は、部品などの劣化により事故発生の恐れがあります。 ガス給湯器は機器の設計を行う際に標準的に使用された場合、安全に支障なく使用できる年数(設計標準使用期間)を10年と定めています。この10年を超えると経年劣化のリスクが高まります。

ダウンロード(PDF/490KB)pdf

印刷データはこちら(PDF/438KB)pdf

お宅の湯沸器はお元気ですか?

お宅の湯沸器はお元気ですか?

小型湯沸器のCO中毒事故の防止に向けて、 不完全燃焼防止装置をはじめ再点火防止装置など、その安全性 は強化されてきました。これ以外にも、立消え安全装置、 過熱防止装置、消し忘れ防止装置が標準装備される など、湯沸器の安心・安全機能は日々進化しています。

ダウンロード(PDF/2.10MB)pdf

印刷データはこちら(AI/2.77MB)

「長期使用製品安全点検制度」を活用しましょう。

「長期使用製品安全点検制度」を活用しましょう。

ガス器具や電気製品等は古くなると、部品が劣化により、火災や死亡事故等を起こす恐れがあります。平成21年4月1日に施行された「長期使用製品安全点検制度」は、経年劣化による重大事故を防ぐため、製品を購入した使用者に対して、メーカーや輸入業者から点検時期をお知らせし、点検を受けて頂く制度です。

ダウンロード(PDF/520KB)pdf

印刷データはこちら(PDF/363KB)pdf

このホームページについて